長く住んでいる家をきれいに

家を購入することは、人生において大きな買い物になるので何かきっかけがない限り手放すことはないでしょう。しかし、長く住み続けていると老朽化していきます。そのため、ある程度の築年数が経つとリフォームしてきれいにする必要があります。

リフォームを依頼するときの注意点とは?まず決めるおくべきこと

男性

なぜリフォームが必要か?

自宅のリフォームは必要ないと思っている人も多いのですが、人間の体と同じようにケアしなければ老朽化が進行していく一方です。老朽化が進行することは、家が痛み出して暮らしに影響がでます。影響とは、雨漏り、きしみ、壁などのひび割れ、生活の不便さなどです。人間は年を重ねると足腰が弱くなってくるので新築当時の設備だと不便さを感じるようになります。

大きな事故につながることも

リフォームせずに何十年住み続けることは、大きな事故につながることもあります。それは老朽化による痛みによって自宅の一部が破損することです。破損部分が大きいと家全体を支えることができなくなり、家が崩壊することだってあるでしょう。そのため、定期的にメンテナンスのためにリフォームすることが大切です。また、倒壊する事故までいかなくとも高齢者がいる家庭では転倒事故も多発しているため、高齢者がいる家庭は転倒対策として手すりを取り付けると良いでしょう。手すりに掴まりながら歩行してもらうことで転倒事故を防ぐことができます。

マンションでも必要なこと

一戸建ての住宅だけでなくマンションに住み続けている人も、リフォームを行なったほうがいいでしょう。マンションリフォームすれば、部屋の設備を一新することができますし、貸すことができる状態になるので副業として賃貸を行なうことも可能になります。実際に大阪では、そういった風にして賃貸の利益を得ている人も少なくありません。

個人で行なうのは避けよう

日曜大工が得意だからといって個人でリフォームのような作業を行なう人もいます。ですが、この行為はとても危険です。家のリフォームは、見た目がよくなるだけでなく強度を上げるということにもつながる作業です。そのため、素人の知識や技術だけでは、十分に安心して暮らせるリフォームを行なうのは難しいといえます。

東京で住宅リフォームを進めよう

[PR]
中古マンションのリフォームを依頼しよう!
実績のあるプロにお任せ★

こんなときはリフォームしたほうがいい!危険な状態をランキングでご紹介

no.1

雨漏りがしてくる

雨が降ると天井にシミができたり、雨漏りしだしたりするという場合は、自宅の老朽化をさらに進行させることになるので早めにリフォームすることをおすすめします。放置したままだと、雨水によって腐敗して崩壊につながることもあります。

no.2

床を歩くたびにきしむ

床を歩くたびに「ミシッミシッ」と音がする場合、床の老朽化が進行している可能性があります。そのまま放置すると陥没する恐れがあるので、リフォームして床の状態を整えたほうがいいでしょう。

no.3

外壁にひび割れなどの症状

外壁は、常に外にさらされている状態なので一番老朽化の進行具合を把握しやすいところです。ひび割れなどの症状が起こっているときは、一度リフォーム業者の人に見てもらい、早めに作業を行なったほうがいいか判断してもらうといいでしょう。

no.4

部屋の設備に不便を感じる

年を重ねるとこれまで特に不便さを感じていなくても、部屋の設備に不便さを感じるようになります。そういったときは、思い切ってリフォームして便利な設備を整えることをおすすめします。そうするだけでも、快適に過ごせるようになります。

no.5

ちょっとした段差で気になる

部屋の設備と同じように今まで気にしていなかったちょっとした段差が気になりだしたときも、リフォームを行なうタイミングといえます。高齢ともなるとちょっとした段差が命取りになることもあるので、気付いた時点で相談したほうがいいかもしれません。

手すりの取り付け工事を実施中

[PR]
屋根リフォーム業者が多数登録中
優良業者をラクラク検索☆

家のメンテナンスは大事

長く住み続けたいと強く思っているのなら、リフォームして家をメンテナンスすることが大事です。藤沢でも、リフォームして長く住み続けている人が多いので、何十年も住み続けているのならまずはリフォームの業者に相談してみることをおすすめします。

リフォームに関して気になることをまとめてみた

リフォームの相談はどこへしたらいい?

リフォームを検討し始めたときは、まずリフォームを取り扱っている工務店などの専門店へ行くようにしましょう。今は、ネットで調べればどこでリフォームを依頼できるのか簡単に見つけることができます。

何も決まっていないけど相談してもいい?

リフォームに関しての知識が無ければ、どこをリフォームすればいいかわからないので専門知識を持っているスタッフにまずは相談してみてください。相談することで、どこをリフォームすればいいか判断できるようになります。

費用はどれぐらいかかるの?

リフォームにかかる費用は、どれほどの範囲で行なうのかによって金額が変わります。まずは、見積りを出してもらうようにしましょう。見積りを出してもらうときも、必ず内訳について詳しく聞くようにしましょう。

相談した業者が質問しても答えてくれない

リフォームを依頼する業者を変えることをおすすめします。質問に答えてくれない、見積り書の内容がわかりにくいという業者は、あまり質が良いといえません。後にトラブルが起こることもあるので、依頼する前に他のところへ相談してみてください。

追加料金ってどのタイミングで言われるの?

作業において追加料金が発生する場合、事後報告ではなく事前に教えてもらえます。事後報告だとトラブルに発展しやすいので、どうしても作業で必要なことでも料金が発生することは必ず教えてくれます。

[PR]
藤沢でリフォーム依頼を♪
安心・安全な暮らしを実現!

[PR]
バスリフォームの専門業者が多数登録
条件に合った店舗を探してみよう

賃貸のリフォームを埼玉の業者に相談

[PR]
リフォームの費用を確認
プロに何度でも相談できる

兵庫でリフォームを成功させよう♪

広告募集中